無停電電源装置と普通のポータブル電源の違いって?

ポータブル電源が欲しくなり色々と調べていくと疑問に思うのが「無停電電源装置(UPS)」という言葉です。

いったいこれは何なのかを簡単にまとめておきます。

無停電電源装置(UPS)とポータブル電源の違いは?

無停電電源装置(UPS)とは

停電時などに、機械を停めないように短時間コンセントの役割を果たす装置のことです。

ポータブル電源ではない無停電電源装置(UPS)は、停電が予備電源で復帰するまでの短時間(5分ぐらい)をカバーするためのものが大半で、長時間に対応するものは結構値段がします。

したがって、停電になったときに、安全に機械を停止しデータを保存・保護するための時間を稼ぐというような使い方です。

無停電電源装置(UPS)に対応のポータブル電源とは

無停電電源装置(UPS)に対応のポータブル電源は、コンセントなどで充電しっぱなししても大丈夫なポータブル電源です。

無停電電源装置(UPS)のみの機械と違い、停電になるとポータブル電源に充電されている電気を使用するので長時間の停電をカバーできます。また、ソーラーパネルで充電しながら使用することも可能です。

通常のポータブル電源は充電しっぱなしはだめ

普通のポータブル電源にしようされている三元系のリチウム電池というのは、100%の充電を維持していると加熱されていき、最悪発火します。したがって、100%の充電ができたらすぐに充電をやめるか、80%の充電ぐらいで保管しておくのが一般的です。

停電時にオススメ

無停電電源装置(UPS)は、充電しつづけていても100%になったら充電を切るか、充電せずに電気を素通りさせて使用できるようになっています。そのため、コンセントに差しっぱなしで使用し、停電時に充電していた電気を使用するように切り替わるので、停電時などの対策にいいよねということです。

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン電池)が多い

UPSに使用されている電池は、三元系のリチウムイオン電池よりも安定しているLiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン電池)が多いです。

無停電電源装置(UPS)に対応のポータブル電源は?

UPSに対応しているポータブル電源は以下のものです。

BLUETTI

ポータブル電源本体定価
(円)
容量
(Wh)
定格出力
(W)
瞬間最大出力
(W)
重量
(kg)
充電
(時間)
充電回数
(サイクル)
公式サイト
EB3A59,980268.860012004.61(高速)
2(標準)
2500
AC300+B300499,8803072~3000600021.6+36.12.53500
EP500588,0005100200048007610.66000

「EB3A」もUPSに対応しているのですが、容量が少ないので、短時間しか停電時の電力をカバーすることができません。機械を安全に停止するための時間を稼ぐというもともとの使い方が出来る感じです。

したがって、長時間の停電をカバーするのであれば、「AC300+B300」「EP500」を購入するようにしましょう。

Anker

ポータブル電源本体定価
(円)
容量
(Wh)
定格出力
(W)
瞬間最大出力
(W)
重量
(kg)
充電
(時間)
充電回数
(サイクル)
商品リンク
Anker 521
Portable Power Station
29,9002562006003.72.53000
Anker 535
Portable Power Station
64,90051250010007.63.43000
Anker 757
Portable Power Station
169,90012291500240019.91.53000

Ankerのポータブル電源が出力が110Vになっているのでちょっと気になるところです。

UPSとして使用するのであれば、「Anker 757 Portable Power Station」が容量もあってオススメです。

あとがき

無停電電源装置(UPS)に対応しているポータブル電源は少ないので、公式サイトをよく見て間違えずに購入したいところですね。

最近は、電力供給量不足で停電が心配なので、ポータブル電源を一家に一台か二台ぐらい準備しておきたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました