本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
スポンサーリンク

【Jackery】240Newのスペック簡単まとめ。他のポータブル電源との違いは?

※引用画像:Amazon.co.jp

Jackeryのポータブル電源「240New」について、性能を簡単にまとめてみました。

合わせて、同じぐらいの性能のポータブル電源も載せておきます。

Jackery ポータブル電源 240New 性能まとめ

240Newのスペック簡単まとめ

Jackery240new
本体定価(税込)32,800円
容量(Wh)256
定格出力(W)300
瞬間最大出力(W)600
重量(kg)3.6
充電(時間)2
充電(サイクル)4000

Jackery240のパワーアップ版の「Jackery240New」です。

リン酸鉄リチウムイオン電池を使用しているので充電サイクル数が大幅に増え、さらに、定格出力が300Wと大きくなってます。

充電サイクル数

充電サイクルが4000になってますが、他社の基準が容量80%になっているのに比べて、JackeryのPlusシリーズは容量70%が基準になっています。

他社の3000回とあんまり違いはなさそうな感じです。

緊急スピード充電に対応

1時間で充電できる「緊急スピード充電」モード搭載です。ただ、緊急時のみ使用を推奨しているようです。

やはり高速充電するのは、バッテリーの寿命を縮めてしまうのではないかと思われます。

他社と比べて、Jackeryはこのような注意書きを載せてくれているので安心感が違いますね。

簡易UPS機能あり

コンセントにポータブル電源を接続し、電化製品のコンセントをポータブル電源に接続しておく(コンセントと電化製品の間にポータブル電源が入る)ことで、停電時でも瞬時に電気を供給可能です。

ただ、瞬時ではなく20ms(0.020秒)以内に切りかわります。

電源が切れるとダメな、データサーバーや医療用の命に関わるようなものについては使用できないので注意です。

ソーラーパネルはどれが使えるの?

ソーラーパネルで充電しようと思っている人は、ポータブル電源のソーラーパネルが関係するスペックを確認する必要があります。

Jackery240Newは、ソーラーパネルを「トランスジャック(DC8020→USB-C)」を使用してUSB-typeCに変換しての充電になります。

最大充電W数は100Wになるので、それ以上のソーラーパネルを使用するのはやめておきましょう。

他のJackeryモデルとの違い

旧モデルJackery240との違いは?

Jackery240240new
本体定価(税込)29,800円32,800円
容量(Wh)241.9256
定格出力(W)200300
瞬間最大出力(W)400600
重量(kg)3.13.6
充電(時間)5.52
充電(サイクル)5004000
高さ(mm)167168
奥行き(mm)133153
幅(mm)230231

旧モデルとの比較はこのようになってます。

奥行きが2cm増えて、リン酸鉄リチウムイオン電池を使用になった分、すこし重たくなってます。

その分、定格出力が300Wになり、充電時間が減って、充電サイクル数が大幅に増えました。USB出力も24Wから100Wに大幅アップしてます。USB-typeCにも対応してます。

簡易UPSにも対応して、ライトも付いて、値段もほとんど変わらないので、旧モデルを購入するメリットはないです。

Jackery300Plusとの違いは?

Jackery300Plus240new
本体定価(税込)39,800円32,800円
容量(Wh)288256
定格出力(W)300300
瞬間最大出力(W)600600
重量(kg)3.753.6
充電(時間)22
充電(サイクル)3000
(80%)
4000
(70%)
高さ167168
奥行き155153
230231

Jackery300Plusとの違いは、ほとんど無いです。

充電サイクル数の数値が大きく変わってますが、公式が発表しているものが「80%まで」と「70%まで」と基準が違います。大きく寿命が伸びたように見えますが、対して違いはなさそうです。

容量が若干減ってる分、値段も手頃になってますね。

大きな違いは、DC入力ポートがなくなって、USB-typeCの充電に変わっている部分だと思います。ソーラーパネルを接続する際は、トランスジャックを使用するようにしましょう。

あと細かな違いですが、AC入力が150Wから100Wに減ってるところかなと思います。容量が減っているのでその分減った感じだと思います。

他社のポータブル電源と比較

同じぐらいの性能(容量が300Wh前後)のポータブル電源は、以下に紹介しているとおりです。

EcoFlow RIVER2

引用画像:Amazon.co.jp
EcoFlowRIVER 2
本体定価(税込)29,900円
セール時23,920円
(20%OFF)
容量(Wh)256
定格出力(W)300
サージ(W)600
X-Boost(W)450
重量(kg)3.5
充電(時間)1
充電(サイクル)3000

X-Boost機能があり消費電力450Wまでの電化製品を動かすことができます。充電時間が短いのも特徴です。

また、リン酸鉄リチウムイオン電池が使われているので、寿命が長いです。

BLUETTI AC2A

※引用画像:Amazon.co.jp

BLUETTIAC2A
本体定価(税込)29,800円
セール時19,800円
(33%OFF)
容量(Wh)204.8
定格出力(W)
(電力リフト)
300
(600)
瞬間最大出力(W)600
簡易UPS
重量(kg)3.6
充電時間(時間)1
充電回数(サイクル)3000

容量が少ないですが、小型で持ち運びしやすいだけでなく、電力リフトモード搭載で消費電力600Wまでの電化製品を動かすことができるため、小型ポータブル電源の中でも対応できる電化製品が豊富です。

簡易UPSに対応しているので、停電時にパソコンなどをそのまま使用することもできます。

また、リン酸鉄リチウムイオン電池を使用しているので、寿命が長いです。

PowerArQ mini2

※引用画像:Amazon.co.jp

PowerArQmini 2
本体定価(税込)44,000円
容量(Wh)300
定格出力(W)300
瞬間最大出力(W)800
重量(kg)4.7
充電(時間)5
充電(サイクル)500

定格出力は高いですが、充電時間が同じぐらい長く、寿命も同じぐらいです。何W使用しているかの表記がなく、バッテリー残量が5段階表示とわかりにくいです。

また、リン酸鉄リチウムイオン電池を使用しているのに充電サイクル数の表記が少ない理由は、謎です。

Anker 521 Portable Power Station

※引用画像:Amazon.co.jp

AnkerAnker 521
本体定価(税込)29,900円
容量(Wh)256
定格出力(W)200
瞬間最大(W)450
簡易UPS
重量(kg)3.7
コンセント入力W数65
充電(時間)4.9
充電(サイクル)3000

容量が少なく、充電時間が長めの4.9時間です。(充電時間は計算して出しました。容量÷入力W数÷0.8です。)

定格出力が200Wしかないため、使用できる電化製品は少ないです。電気毛布と扇風機ぐらいですね。

あとがき

他社の出力300Wと容量を合わせてきた感じです。性能も最近出たポータブル電源と比べるとそれほど違いがないです。

ただ、Jackery240Newの方が見た目が好きですね。

質問やコメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました