本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

【Anker】521のスペック簡単まとめ。他のポータブル電源との違いは?

※引用画像:Amazon.co.jp

Ankerのポータブル電源「Anker 521 Portable Power Station」について、性能を簡単にまとめてみました。

合わせて、同じぐらいの性能のポータブル電源も載せておきます。

Anker 521 Portable Power Station 性能まとめ

521のスペック簡単まとめ

AnkerAnker 521
本体定価(税込)29,900円
容量(Wh)256
定格出力(W)200
瞬間最大(W)450
簡易UPS
重量(kg)3.7
コンセント入力W数65
充電(時間)4.9
充電(サイクル)3000

容量が少なく、充電時間が長めの4.9時間です。(充電時間は計算して出しました。容量÷入力W数÷0.8です。)

定格出力が200Wしかないため、使用できる電化製品は少ないです。電気毛布と扇風機ぐらいですね。

リン酸鉄リチウムイオン電池を使用

リン酸鉄リチウムイオン電池を使用しているので、寿命が長いです。

簡易UPS機能がある

コンセントにポータブル電源を接続し、電化製品のコンセントをポータブル電源に接続しておく(コンセントと電化製品の間にポータブル電源が入る)ことで、停電時でも瞬時に電気を供給可能です。

20ミリ秒以内の切り替えに対応してますが、完全なUPS機能の0ミリ秒の切替えには対応していません

データサーバや医療機器など、非常時に不具合が起こると人命 / 財産に重大な危険を及ぼしうる用途でのご使用はやめておいたほうがいいでしょう。

ソーラーパネルはどれが使えるの?

ソーラーパネルで充電しようと思っている人は、ポータブル電源のソーラーパネルが関係するスペックを確認する必要があります。

  • DC:11-28V=5.5A
  • 最大入力W数:65W
  • DC 7909 コネクタ

Jackeryのソーラーパネルと同じコネクタなので、そちらでも充電できそうですが、同じメーカーのソーラーパネルを購入する方が安心です。

他社のポータブル電源と比較

同じぐらいの性能(容量が250Wh前後)のポータブル電源は、以下に紹介しているとおりです。

Jackery 300Plus

※引用画像:Amazon.co.jp

Jackery300Plus
本体定価(税込)39,800円
セール時33,830円
(15%OFF)
容量(Wh)288
定格出力(W)300
瞬間最大出力(W)600
重量(kg)3.5
充電(時間)2
充電(サイクル)3000

定格出力300Wの小型ポータブル電源です。

リン酸鉄リチウムイオン電池を使用しているので長寿命になってます。

EcoFlow RIVER2

引用画像:Amazon.co.jp
EcoFlowRIVER 2
本体定価(税込)29,900円
セール時23,920円
(20%OFF)
容量(Wh)256
定格出力(W)300
サージ(W)600
X-Boost(W)450
重量(kg)3.5
充電(時間)1
充電(サイクル)3000

電力リフトモードと同様のX-Boost機能ですが450Wまでしか対応していないので、それほど多くの電化製品は動かせません。

BLUETTI AC2A

※引用画像:Amazon.co.jp

BLUETTIAC2A
本体定価(税込)29,800円
セール時19,800円
(33%OFF)
容量(Wh)204.8
定格出力(W)
(電力リフト)
300
(600)
瞬間最大出力(W)600
簡易UPS
重量(kg)3.6
充電時間(時間)1
充電回数(サイクル)3000

容量が少ないですが、小型で持ち運びしやすいだけでなく、電力リフトモード搭載で消費電力600Wまでの電化製品を動かすことができるため、小型ポータブル電源の中でも対応できる電化製品が豊富です。

簡易UPSに対応しているので、停電時にパソコンなどをそのまま使用することもできます。

また、リン酸鉄リチウムイオン電池を使用しているので、寿命が長いです。

PowerArQ mini2

※引用画像:Amazon.co.jp

PowerArQmini 2
本体定価(税込)44,000円
容量(Wh)300
定格出力(W)300
瞬間最大出力(W)800
重量(kg)4.7
充電時間(時間)5
充電回数(サイクル)500

BLUETTI「AC2A」と比べると、充電時間が長く、寿命もそれほど長くないです。その上、重いので、携帯性もあまり変わりません。

何W使用しているかの表記がなく、バッテリー残量が5段階表示とわかりにくいです。

あとがき

簡易UPS機能を使用したいのであれば「BLUETTI EB3A」、同じような使い方をしたいのであれば「EcoFlow RIVER2」の方がオススメですね。

定格出力が200Wと少なく、容量も256Whと少ないので、持ち運びには軽くて便利なのだけどあまり用途がないという感じです。

質問やコメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました