本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

【2023年7月】おすすめのポータブル電源は?出力別にまとめてみた。

たくさん情報があってもわかりにくいので、各ワット数別におすすめのポータブル電源をまとめておきます。

おすすめのポータブル電源 出力別 まとめ

スマホやノートパソコンの充電であればこちら

スマホやノートパソコンの充電だけに使用したいのであれば、ポータブル電源は必要ないです。

「Anker 733 Power Bank」であれば、持ち運び時は「Type-C で 30W出力」「TypeA で22.5W出力」で充電できます。

コンセントに差したときは、「Type-C で 最大65W出力」「TypeA ではそのままの22.5W」に対応しています。

高速充電に対応していないものでいいのであれば、「Anker PowerCore Essential 20000」がオススメです。

300W

引用画像:Amazon.co.jp
製品名RIVER 2
本体定価(税込)29900円
容量(Wh)256
定格出力(W)300
サージ(W)600
X-Boost(W)450
重量(kg)3.5
充電時間(時間)1
充電回数(サイクル)3000
公式サイト

出力が300Wでおすすめは「RIVER 2」です。

小型のポータブル電源によくある充電時間の長さを解消し、3.5kgと持ち運びやすい重さになってます。「RIVER2」の上面は平らになっており、小物を置くことができるようになっているところもポイントです。

USB-TypeCの出力も60Wと高く、ノートパソコンの充電にも問題なく使用できます。

リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しており、長寿命なのも魅力です。

次点で、「PowerArQ mini 2」ですね。

800W以下

800W以下でオススメのポータブル電源はこちらです。

メーカーEcoFlowEcoFlowBLUETTIJackeryPowerArQ
製品名RIVER2 ProRIVER2 MaxEB70S708S7
本体定価(税込)88,000円64,900円79,800円84,500円79,200円
容量(Wh)768512716708.18716.8
定格出力(W)
(X-Boost)
800
(1000)
500
(750)
800500700
サージ(W)16001000140010001400
重量(kg)7.86.19.76.89.5
充電(時間)1.213.7554
充電(サイクル)3000300025005003000
公式サイト

EcoFlow製のポータブル電源であれば、「X-Boost機能」があるので、定格出力が多少大きくても使用可能です。

持ち運ぶのであれば、EcoFlowの「RIVER2 Max」がちょうどいいのではないかと思います。

1000W

出力1000Wでオススメのポータブル電源はこちらです。

メーカーASAGAOJackeryPowerArQ
製品名AS12-JP1000ProPro
本体定価(税込)79,900円149,800円132,000円
容量(Wh)96010021000
定格出力(W)120010001000
サージ(W)240020002000
重量(kg)13.511.510.4
充電(時間)1.51.87.5
充電(サイクル)20001000500
公式サイト

Jackery「1000」「1000Pro」の違いについては以下にまとめてあります。

この中でオススメなのは、ASAGAO「AS12-JP」です。少々重たいですが、圧倒的にコスパがいいです。

2000W未満

出力2000W未満でオススメのポータブル電源はこちらです。

メーカーEcoFlowJackeryBLUETTIPowerArQ
製品名DELTA21500ProAC180S10 Pro
本体定価(税込)143,000円199,800円148,000円143,000円
容量(Wh)1024151211521024
定格出力(W)
(X-Boost)
1500
(1900)
18001800
(2700)
1600
サージ(W)2250360027002400
重量(kg)12171612.5
充電(時間)1.321.31.5
充電(サイクル)3000200035002000
公式サイト

「EcoFlow DELTA2」がコスパがいいですが、性能的に「Jackery1500Pro」がいい感じです。Jackery製のデメリットだった充電時間が短縮され、充電サイクル数も大幅に増えたのが魅力です。

「DELTA2」のデメリットとして容量が少し少ないところが気になるのですが、「DELTA 2専用エクストラバッテリー」および「DELTA Max専用エクストラバッテリー」に対応しています。出力は十分だけど容量が気になる場合は、エクストラバッテリーとセットで購入しましょう。

2000W以上3000W未満

※引用画像:Amazon.co.jp

Jackery1000Plus
本体定価(税込)168,000円
セール時151,200円
(10%OFF)
容量(Wh)1264.64~
定格出力(W)2000
瞬間最大出力(W)4000
重量(kg)14.5
充電(時間)1.7
充電(サイクル)4000
(70%)

定格出力が2000Wの中では、「Jackery1000Plus」がオススメというか、一択ですね。

出力が2000Wを超えてくるとそれに合わせて重量も増えて、だいたいのポータブル電源が約30kg、Jackery2000Proで約20kgという中で、重量14.5kgというのは魅力的です。

容量が足りないのであれば後から拡張バッテリーで増やせばいいですしね。最大3台まで連結できるので、足りないようなら追加するという選択もできます。

3000W以上

3000W以上になると、「Jackery2000Plus」「BLUETTI AC300+B300」「BLUETTI AC500+B300S」になります。

メーカーJackeryBLUETTIBLUETTI
製品名2000PlusAC300+B300AC500+B300S
本体定価(税込)285,000円399,600円658,000円
容量(Wh)2048~3072~122883072~18432
定格出力(W)300030005000
サージ(W)6000600010000
重量(kg)27.95768
充電(時間)22.5?7.7?
充電(サイクル)4000(70%)35003500
公式サイト

容量が足りなくなったら追加していけるのはどれも同じなのですが、単体で使用できる分「Jackery2000Plus」の方が使いやすいかなと思います。

詳しくは以下を参考にしてください。

BLUETTIは、Amazon.co.jpで購入するほうが安いです。

あとがき

購入するときは基本的に公式サイトが安いのですが、たまにAmazonでビックリするぐらいのクーポン(20%OFF)とかがあるので、購入するときはそれぞれの販売店を確認するようにしたほうがいいと思います。

使う電子機器や使う場所、持ち運ぶのか持ち運ばないのかによって選択が変わってくるため、どう使用するのかをきちんと考えたほうがいいと思います。

特に考えたくないというのであれば、「Jackery1000Plus」で容量が足りないなら拡張バッテリーを随時購入という流れになるのではないかと思います。

質問やコメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました