JackeryとEcoFlowの違いは?一覧表示で比較まとめ。

JackeryとEcoFlowのポータブル電源について、違いを比較してまとめておきます。

2社のポータブル電源の性能一覧

Jackery

Jackeryのポータブル電源を一覧で表示するとこんな感じです。

Jackery本体定価
(円)
容量
(Wh)
定格出力
(W)
瞬間最大出力
(W)
重量
(kg)
充電
(時間)
充電回数
(サイクル)
公式サイト
24021,800241.92004003.15.5500
40049,3004032004004.17.5500
70884,500708.1850010006.85500
1000139,80010021000200010.67.5500
1000Pro149,80010021000200011.51.81000
1500179,8001534.6818003600167.5800
2000Pro285,50021602200440019.521000

EcoFlow

EcoFlowのDELTAシリーズを一覧で表示するとこんな感じです。

EcoFlow本体定価
(円)
容量
(Wh)
定格出力
(W)
サージ
(W)
重量
(kg)
充電
(時間)
充電回数
(サイクル)
公式サイト
DELTA mini115,50088214002100111.6800
DELTA 1000129,800100816003000141.6500
EFDELTA139,500126016003100141.6800
DELTA Max1600187,000161220004200221.7500
DELTA Max2000242,000201620004200222800
DELTA Pro440,000360030006000453.13500
DELTA 2143,000102415002250121.33000

EcoFlowのRIVERシリーズを一覧で表示するとこんな感じです。

EcoFlow本体定価
(円)
容量
(Wh)
定格出力
(W)
サージ
(W)
重量
(kg)
充電
(時間)
充電回数
(サイクル)
公式サイト
RIVER Plus49,50036060012005.41.6800
RIVER Max Plus78,650720600120081.6800
RIVER mini38,5002103006002.81.5500
RIVER39,600288600120051.6800
RIVER Max63,80057660012007.71.6800
RIVER Pro79,80072060012007.61.6800

2社のポータブル電源のいいところ

Jackery

他のポータブル電源に比べて、容量あたりの重量が軽いです。

その他、尖った特徴はないですが、持ち運んで使用するという点であれば、他のポータブル電源に比べて圧倒的です。衝撃に対しても強いので、ちょっとぶつけてしまっても安心です。ただ、無理やり落としたりぶつけたりするのはダメです。

EcoFlow

EcoFlowの特徴は、X-Boost(W)機能があるものがあり、定格出力を超えている電化製品でも、無理やり定格出力を落として使用できるところですね。

また、充電時間が短く、対応電圧の上下幅が大きいので、出力の大きなソーラーパネルを使用することができます。

2社のポータブル電源の悪いところ

Jackery

Proシリーズ以外は充電時間が長いところがデメリットです。

また、あまり気にはなりませんが、三元系リチウムイオン電池なので、充電サイクル数が短めです。

EcoFlow

DELTAシリーズは、容量と出力が大きいですが、持ち運びしにくいです。

また、RIVERシリーズは、持ち運びしやすいですが、容量と出力が小さめです。

2社のおすすめのポータブル電源

Jackery

1000Proが、一番コスパがいいですね。

充電時間が短くて、出力もちょうどいい感じです。

EcoFlow

DELTA 2が、一番コスパがいいですね。

リン酸鉄リチウムイオン電池が使用されているので、充電サイクルが長いです。

あとがき

持ち運びではJackery、充電時間はEcoFlowという感じですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました