本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
スポンサーリンク

【Jackery】ポータブル電源240と400って何が違うの?容量と重さ。

Jackery(ジャクリ)のポータブル電源には手が届きやすいモデルの240と400があります。

よく似ているので、違いを簡単にまとめておきます。

ポータブル電源240と400の違いまとめ

定格出力が同じ

240も400も、定格出力と瞬間最大出力が同じです。

  • 定格出力:200W
  • 瞬間最大出力:400W

したがって、両方とも使える製品は同じもの(定格出力が200W未満のもの)になります。

容量が約1.67倍

240と400の大きな違いとして、容量があります。各容量は以下のとおりです。

  • 240(PTB021):67200mAh/240Wh
  • 400(PTB041):112200mAh/400Wh

約1.67倍の違いがあります。

値段が約2.26倍

240と480の値段の違いは以下のとおりです。

  • 240(PTB021):21800円(税込み)
  • 400(PTB041):49300円(税込み)

値段は約2.26倍になります。

容量が約1.67倍なので、400を1個購入するのであれば240を2個購入する方がいいです。ただ、場所を取りますね。

値段はいつの間にか変更されることがあるので、公式サイトでチェックしましょう。

充電時間が違う

容量が違うので、充電時間も違います。

  • 240(PTB021):コンセント約5.5時間、シガーアダプター約6.5時間
  • 400(PTB041):コンセント約7.5時間、シガーアダプター約10.5時間

ソーラーパネルでの時間はこちらです。

  • 240(PTB021):ソーラーパネル60W 約7時間(天気次第):100W 約4.5時間(天気次第)
  • 400(PTB041):ソーラーパネル60W 約8.5時間(天気次第):100W 約6時間(天気次第)推奨

ソーラーパネルは60W、100W、200Wと3種類あり、いずれも使用できる(240でも200Wのが使用できる)ので、できればW数の大きいものを購入するのがいいと思います。

サイズと重さが若干違う

サイズは、奥行きが2cm違います。

240(PTB021):230*133.2*167.3mm
400(PTB041):230*153.2*167.3mm

重さは、1kgの違いがあります。

240(PTB021):3.1kg
400(PTB041):4.1kg

見た目もほとんど同じなので、パッと見で違いはわからないと思います。

一覧表

Jackery240400
本体定価(税込)21,800円49,300円
容量(Wh)241.9403
定格出力(W)200200
瞬間最大出力(W)400400
重量(kg)3.14.1
充電時間(時間)5.57.5
充電回数(サイクル)500500
公式サイト詳細を見る詳細を見る

一覧で表示するとこんな感じです。

購入するなら新しいものを

※引用画像:Amazon.co.jp

Jackery300Plus
本体定価(税込)39,800円
セール時33,830円
(15%OFF)
容量(Wh)288
定格出力(W)300
瞬間最大出力(W)600
重量(kg)3.5
充電(時間)2
充電(サイクル)3000

Jackeryから新しいポータブル電源「300Plus」が出てます。

リン酸鉄リチウムイオン電池を使用して長寿命になって、充電時間も短めで、さらにライトもついてます。

これから購入を検討しているのであれば、こちらのJackery300Plusがオススメです。

Jackery300Plusで容量が少し足りないなと思う人は、「Jackery600Plus」がオススメです。

Jackeryにこだわらないならばこちら

引用画像:Amazon.co.jp
RIVER2シリーズRIVER 2
本体定価(税込)29,900円
容量(Wh)256
定格出力(W)300
サージ(W)600
X-Boost(W)450
重量(kg)3.5
充電時間(時間)1
充電回数(サイクル)3000
公式サイト

Jackeryにこだわりがないのであれば、EcoFlowの「RIVER2」がオススメです。

性能はそれほど変わりませんが、コンセントでの充電時間が短くて、バッテリーの寿命が長いです。

車のバッテリーを充電するのにちょうどいいです。

Jackery製ポータブル電源一覧

Jackery本体定価
(税込)
容量
(Wh)
定格出力
(W)
瞬間最大
(W)
重量
(kg)
充電
(時間)
充電
(サイクル)
公式サイト
24029,800円241.92004003.15.5500詳細を見る
40049,300円4032004004.17.5500詳細を見る
70884,500円708.1850010006.85500詳細を見る
1000139,800円10021000200010.67.5500詳細を見る
1500179,800円1534.6818003600167.5800詳細を見る
※Basicシリーズ
Jackery本体定価
(税込)
容量
(Wh)
定格出力
(W)
瞬間最大
(W)
重量
(kg)
充電
(時間)
充電
(サイクル)
公式サイト
1000Pro149,800円10021000200011.51.81000詳細を見る
1500Pro199,800円1512180036001722000詳細を見る
2000Pro285,000円21602200440019.521000詳細を見る
3000Pro419,000円302430006000292.82000詳細を見る
※Proシリーズ
Jackery本体定価
(税込)
容量
(Wh)
定格出力
(W)
瞬間最大
(W)
重量
(kg)
充電
(時間)
充電
(サイクル)
公式サイト
300Plus39,800円2883006003.7523000詳細を見る
600Plus86,000円632.380016007.314000詳細を見る
1000Plus168,000円1264.642000400014.51.74000詳細を見る
2000Plus285,000円2048.83000600027.924000詳細を見る
※Plusシリーズ

一覧にするとこんな感じです。かなり種類が増えました。

あとがき

Jackeryの240や400は、お手軽感はありますがどちらも、もう一声という感じです。どうしても古いのがいいという場合は、中古でもあるので公式サイトを確認してみてください。タイミングがあえば公式の整備済み製品が購入可能です。

また、Jackery公式サイトの各モデルのページに、消費電力での稼働時間シミュレーターがありますので、そこを参考にしつつ、電子機器の使用時間から欲しいモデルを考えるといいでしょう。

質問やコメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました