スポンサーリンク

【Jackery】ソーラーパネル「Jackery SolarSaga 80」は何枚まで使えるの?

「Jackery SolarSaga 80」が発売され、それまでソーラーパネルを並列接続するにはアダプターが必要だったものが単体で並列接続できるようになりました。

それにともない、いろいろと疑問が出てきたのでまとめておこうと思います。

直列と並列について簡単まとめ

ソーラーパネルとポータブル電源の関係を考える上での予備知識で必要になるのは直列と並列の考え方です。

簡単にまとめておくと以下の通りです。

  • 直列接続:電流が一定で、電圧が加算
  • 並列接続:電流が加算で、電圧が一定

直列のアダプターでは、電圧を足して考えたらよく、並列のアダプターでは電流を足して考えるといいということです。

例えば、20V6A(120W)のソーラーパネルがあるとします。

  • 2枚を直列接続:40V6A(240W)
  • 2枚を並列接続:20V12A(240W)

充電W数に変化はないですが、電圧と電流の数値が変わります。

ポータブル電源には、対応できる電圧と、対応できる電流の数値が決まっているので、これらの数値をよく確認してからどちらの方法で接続するかを決める必要があるというわけです。

ソーラーパネルとポータブル電源の関係

各ソーラーパネルのスペック

Jackeryの各ソーラーパネルのスペックはこんな感じです。

Jackery SolarSaga6080100200
本体価格(税込)20,700円29,800円34,800円55,000円
最大出力68W80W100W200W
定格電圧22V22V20V19V
定格電流3.09A3.64A5.55A10.53A
開放電圧26.4V28.5V24.8V24.2V
短絡電流3.3A3.71A6.1A10.8A

ここで見るべきところは、定格電圧と定格電流です。

  • 定格電圧:ポータブル電源の対応電圧を超えていると使用できない
  • 定格電流:ポータブル電源の電流制限を超えると自動制御で停止

このように覚えておくといいと思います。

DC入力スペック

各ポータブル電源のDC入力スペックは、以下の通りです。

Jackery本体価格
(税込)
DC入力対応電圧ポート数最大充電
W数
ソーラーパネル
最大枚数
24021,800円19V-3.42A12-30V1約601枚
40049,300円19V-3.42A12-30V1約601枚
70884,500円24V-7.5A Max12-30V11801枚
1000139,800円24V-7.5A Max12-30V11802枚(100W×2)
1000Pro149,800円17.5-60V(動作電圧)/11A、
2ポート電流制限22A
12-60V28004枚
1500179,800円24V-10.5A 電流制限11A12-30V25004枚(100W×4)
2000Pro285,500円17.5-60V(動作電圧)/12A、
2ポート電流制限24A”
11-60V212006枚

「Jackery SolarSaga 200(定格電流10.53A)」がすべてのポータブル電源で使用できることから、記載がなくても、Jackeryのポータブル電源の電流制限は11Aになっているのではないかと思います。

  • 1000、1500:並列アダプター(電圧が一定で、電流が加算)
  • 1000Pro、2000Pro:直列アダプター(電流が一定、電圧が加算)

1000や1500に「Jackery SolarSaga 200(定格電流10.53A)」がアダプター接続できないのは、1ポートの電流が11Aを超えてしまうからですね。

「Jackery SolarSaga 80」が3枚までの理由

「Jackery SolarSaga 80」を並列接続したときの電流の変化(電圧は一定の22V)は以下のとおりです。

Jackery SolarSaga 801枚2枚3枚4枚
定格電流3.64A7.28A10.92A14.56A
最大出力80W160W240W320W

4枚になると、電流制限に引っかかるので停止してしまうというわけです。

「Jackery SolarSaga 80」は何枚使用できる?

どのポータブル電源に「Jackery SolarSaga 80」を3枚接続しても使用可能ではあるのですが、ポータブル電源の方の最大充電W数を超えて充電できません。

また、ソーラーパネルも書かれているスペック通りに充電できるわけでもないです。200Wのソーラーパネルで快晴のときにやっと7割程度です。

そこで、改めて枚数を考えると以下の通りになります。

JackeryDC入力最大充電W数使用できる枚数
24019V-3.42A約601
40019V-3.42A約601
70824V-7.5A Max1803
100024V-7.5A Max1803
1000Pro17.5-60V(動作電圧)/11A、2ポート電流制限22A8003
150024V-10.5A 電流制限11A5003
2000Pro17.5-60V(動作電圧)/12A、2ポート電流制限24A12003

240と400については1枚で、それ以外は3枚の使用での充電ですかね。

708と1000は、スペック的には2枚なのですが、ソーラーパネルがだいたい6割ぐらいのスペックを出せると考えると3枚の方が効率がいいでしょう。

ただ、3枚揃えるのは高いので、「Jackery SolarSaga 200」を1枚購入する方がコスパがいいです。

各ソーラーパネルの充電時間の目安

各ソーラーパネルの充電時間の目安は公式サイトに記載があります。

あとがき

元々アダプターを使用して「Jackery SolarSaga 100」を使用しているというのであれば、アダプターが必要ない分「Jackery SolarSaga 80」の方が使いやすいと思います。

ただ、複数枚持っていくのは重いので、「Jackery SolarSaga 200」を一枚使用する方が使い勝手はいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました